製品紹介
ホーム > 製品紹介 > アスファルト乳剤 > クリーンタック

アスファルト乳剤

タイヤ付着抑制型アスファルト乳剤

クリーンタック

「クリーンタック」は、高分子材料などによって改質されたアスファルトを乳化したもので、
従来のアスファルト乳剤では対応できない用途に用いるために開発されました。
工事車両などのタイヤへの付着を抑制し、かつ接着強度を高めた改質アスファルト乳剤です。
高機能舗装のタックコート用として効果を発揮します。

クリーンタック散布等写真
特 長
  • 合材ダンプや工事車両などのタイヤへのアスファルト被膜の付着が低減し、周辺道路や構造物を
    汚すことがありません。
  • 分解硬化後の接着性は PK - 4 およびゴム入りアスファルト乳剤( PKR - T )に比べて
    優れています。
  • 遮水効果を高め基層の損傷を防ぎます。
用 途
  • 切削オーバーレイなど通常のタックコート工
  • 排水性舗装、高機能舗装のタックコート工
  • 周辺にカラー舗装や路面表示のある工事箇所
  • 表面処理工などのトップコート
規格および性状
試験項目 代表性状 規格 *
エングラー度( 25 ℃ ) 7 1 ~ 15
ふるい残留分( 1.18 ㎜ ) 質量 % 0.1 0.3 以下
付着度 4 / 5 2 / 3 以上
粒子の電荷 陽(+) 陽(+)
蒸発残留分 質量 % 51 50 以上
蒸発
残留物
針入度( 25 ℃ ) 1/10 ㎜ 15 5 を超え 30 以下
軟化点 ℃ 64.5 55.0 以上
貯蔵安定度( 24 時間 ) 質量 % 0.1 1 以下
タイヤ付着率 質量 % 3.5 10 以下

 * 日本アスファルト乳剤協会規格 PKM - T

使用量
  • 一般的使用量は従来のアスファルト乳剤と同様 0.3 ~ 0.6 ℓ/m2 です。
使用上の留意点
  • タイヤ付着抑制効果はクリーンタックの分解硬化後に発揮されますので、
    十分養生を行って下さい。

ページの先頭に戻る