製品紹介
ホーム > 製品紹介 > 補修材料 > エムコール

補修材料

全天候型高耐久性常温合材

エムコールEnglish

「エムコール」は、常温で使用できる道路舗装の補修材です。
従来からあった常温で使用できる道路舗装の補修材の欠点である、補修直後の路面への定着の悪さ、
水分に対する脆弱さなどを解消した製品が「エムコール」です。
雨などの天候に左右されずに道路の補修ができ、補修直後の初期安定、また長期的な安定性も高い
道路舗装の補修材です。
舗装の種類や作業方法に合わせて 5 種類のエムコールがあります。

エムコール ラインアップ
エムコール(標準) 骨材の最大粒径     5.0 ㎜ 一般的な補修材
細粒エムコール 骨材の最大粒径     3.0 ㎜ 薄層補修用
排水性エムコール 骨材の最大粒径   13.0 ㎜ 機能性舗装補修用
エムコール L-type 骨材の最大粒径     5.0 ㎜ エムコール(標準)の作業性改良
ボーソーエムコール 骨材の最大粒径     5.0 ㎜ 防草効果のあるエムコール
荷姿

袋入:30 kg、25 kg、20 kg、15 kg、10 kg
缶入:25 kg

※ 袋入は、高耐久・高耐水の特殊袋、開封が容易なイージーオープン式袋があります。
 (但し、10 kg はイージーオープン式袋のみの取扱いとなります。)

エムコール 缶 袋

「エムコール」は、Instarmac 社(英国)と技術提携し、当社の英知を結集してつくりあげた
メンテナンス時代の画期的な舗装・補修材です。

ポットホールの補修

ポットホールの補修

橋梁ジョイント部の段差補修

橋梁ジョイント部の
段差補修

わだち掘れの補修

わだち掘れの補修

マンホール周りの補修

マンホール周りの補修

特 長
施工が簡単

タックコート、プライムコート、舗設後のシールコートは

特に必要ありません。

全天候型 暑さ、寒さ、雨、雪、霜、などに影響されずに施工できます。
すぐ交通開放 初期安定がよく、施工したらすぐ交通開放できます。
優れた接着性 アスファルトのみならず、鉄やコンクリートになじみがよいので、
マンホール、覆工板の周囲などには最適です。
耐久性抜群 耐摩耗性に優れ、たわみ性があり、収縮しないので、クラックを
生じません。
安全 引火性、毒性はありません。
施工方法
1. 施工前

1. 施工前

ポットホール補修モデル

1200 ㎜ × 650 ㎜ × 70 ㎜
標準 30 kg 袋入り × 3 袋使用

2. 清掃

2. 清掃

  • 施工箇所から、水、油、小石等を取り除きます。
  • 施工箇所の損傷が激しい場合、ポットホールの傾斜が緩い時には、
    必要に応じて補修箇所側面をカットしてください。
3. 充填

3. 充填

  • 施工箇所に「エムコール」を投入します。
  • 使用量の目安は、仕上り密度 = 2.0 g/㎝3 で計算してください
    (標準品の場合)。
  • 施工厚が 5.0 ㎝ 以上の時は、2層に分けて施工することを
    推奨します(標準品の場合)。
4. 敷きならし

4. 敷きならし

  • スコップ、レーキ等で均一に敷き均します。
  • 施工道具、機械の付着防止には少量の水を散布してください。
    油類は使用しないで下さい。
5. 転圧

5. 転圧

  • 敷き均し後、転圧します。
  • 交通量の少ない箇所ではシャベルの背かタンパで
    よくたたくだけで交通開放が可能です。
  • 重交通箇所では敷き均し後、プレート・コンパクタ等の転圧機械を
    使用すると良く締まります。
  • 補修の面積が大きい場合はローラーで転圧するときれいに
    仕上がります。
  • 補修箇所側面をカットした場合は、その端部の密度が
    十分上がるように機械転圧前に手突きタンパ等で仮転圧します。
  • 深い穴の場合は、底に砕石を詰めてよく転圧してから
    「エムコール」をご使用ください。
6. 施工完了

6. 施工完了

  • 転圧終了後、すぐに交通開放が可能です。
  • 転圧後、軽く散水または石粉や砂を散布すると通過車両の
    タイヤへの付着を防止できます。
保 管

袋入りの場合、積み重ねの段数が増えると下の段にあるエムコールが圧縮により作業性の低下を
起こす場合がありますので、あまり高く積まないようにして下さい。
(その他の性能に影響はありません)
長期の保存の場合は、直射日光を避け、水に濡れないように保管して下さい。
製品に関しましては、容器記載の製造日から 1 年以内にご使用下さい。

規格試験

評価試験結果および規格値

必用な性能 室内試験 試験結果 規格値 *
初期安定性 常温
ホイールトラッキング
試験
84 回 20 ㎜ 沈降時の
走行回数 50 回以上
供用時の耐久性 一軸圧縮試験 1.78 残留ひずみ率
1.0 以上
降雨時の耐水性 簡易ポットホール
走行試験
116 回 3 ㎜ 沈降時の
走行回数 30 回以上
(水浸試験)

* 東京都建設局土木材料仕様書(平成 27 年)422. 重交通対応・全天候型常温混合物 に準拠

各種エムコール 使用量の目安
  厚さ1 ㎝ / 5 ㎝で施工できる面積 m2
  エムコール 細粒エムコール 排水性エムコール エムコールL-Type
  1 ㎝ 5 ㎝ 1 ㎝ 5 ㎝ 1 ㎝ 5 ㎝ 1 ㎝ 5 ㎝
1袋または
1 缶の重量 kg
30 kg 1.50 0.30 1.50 - - 0.30 1.40 0.28
25 kg 1.25 0.25 1.25 - - 0.25 1.20 0.24
20 kg 1.00 0.20 1.00 - - 0.20 0.95 0.19
15 kg 0.75 0.15 0.75 - - 0.15 0.70 0.14
参考:エムコール使用量の目安計算式

  質量( kg )= 面積( m2 ) × 深さ又は厚さ( m ) × 密度( 2000 kg/m3

⦅ 質量( g )= 面積( ㎝2 ) × 深さ又は厚さ( ㎝ ) × 密度( 2.0 g/㎝3 ) ⦆

※ 補修箇所によって形状は異なるため、上記計算式はあくまでも目安ですので、ご注意ください。

ページの先頭に戻る